間違えて妖怪を食べた人間の話

今から2年くらい前の夏会社が夏休みで連日ベッドの上で漫画を読みながらゴロゴロと昼寝をする毎日でした。
その日もいつものように漫画を読んでいるうちに眠っちゃっててふと目を覚ましたら目の前に茶色くて小さい鬼みたいなのが何匹か動いていた。
10 CM 前後の大きさを2と言うか百鬼夜行をしている魑魅魍魎みたいなやつって言った方がイメージ的に近いかも。
でそれが私の目の前を通り過ぎて隣で添い寝をしていた犬の方へ近づいていったその時私は寝ぼけていたせいもあって私の犬に何してくれるとばかりに魑魅魍魎ポイのをむんずと掴んでホイット自分の口の中入れてまた眠ってしまった。とはいえ、キトー君 口コミ 効果なしはかなり重要な口コミの内容になっていて、それから数分だか数10分経った時に猛烈な腹痛に飛び起きてトイレにおトイレの中で人生最大の腹痛にのたうち回って本当に気を失いそうだった。
でもそこで亀裂なんかしたらお尻丸出しで母に救急車を呼ばれてしまっていうか吹いてないし仮にも嫁入り前の娘だしそんな恥をかくのは嫌だとそれだけを念じて七転八倒の苦しみに耐えた。
30分にやっと痛みが治まってトイレから出て来た時は来ていた T シャツが汗でびしょ濡れだった。
脱いで絞ったら汗があったバタバタと絞れたくらいだったよ。