新米、専業主夫のモーニングルーティン

“私は現在59歳の男性、退職後、専業主夫+バイトで妻に指導を仰ぎながら頑張っています。
朝は5時30分に起きてまずすることは、1Fリビングの喚起です。窓を開けて、新鮮な空気をたくさん吸ってから、ゴミ出しの準備をします。
本日は紙ごみの収集日なので、新聞紙やビラを紐で結んで、指定の場所に出しにいきます。
今月はゴミ出しの場所の掃除当番なので、あわせてそこの掃除もします。
6時から、顔を洗い、歯磨きをし、トイレ掃除を済ませて洗濯を開始します。
その後、妻のための朝食づくり(私の朝食は牛乳)です。
妻の朝メニューは、パン、サラダ、ヨーグルト、フルーツ2種類、卵料理(スクランブルエッグ、オムレツ、目玉焼きなど)、ウィナー、スープ、ジュース、コーヒーです。
妻の食事が終わると、妻を見送り、後片付け、洗濯もの干しです。
8時頃すべてが終わり、バイトへでかけます。
最初はドタバタしていましたが、今ではテキパキできます。