女性の全身脱毛についての考え方とそう考える理由について。

女性の全身脱毛について貴方はどう考えるだろうか。
当方は20代前半の女であるが、全身脱毛はしていない。これは悪いことなのだろうか。
周りの友人に聞いてみても部分脱毛は通っているが、全身脱毛は行っていない、全身脱毛するのなんて今の時代当然でしょ、え、そもそも脱毛もしてないし電気シェーバーで良くない?いやいや時代は除毛クリームでしょ!など星の数ほどの回答が返ってきた。
ちなみに当方は気になる箇所の部分脱毛のみジェニークリニック割引にお世話になっていて、他の部分は電気シェーバーと家庭用脱毛器を兼用している。個人的にはコスト的にも手間暇的にもこれがベストではないかと考えるが、多少お金はかかっても全身脱毛で自分の手間を一切かけたくないという周りの気持ちもわからなくはないし、有能な除毛クリームや、私達素人でも使いやすい家庭用脱毛器の普及により全身脱毛なんて通わなくても自宅で簡単に手入れできるという意見もとてもわかる。
そもそも全身脱毛をする意味とはなんだろうか。人間は元々猿だったわけであるから毛が生えてくるのは当然のことであるし、身体を寒さや病原菌などの外敵から守るためにも毛は必要では無いのだろうか。ではなぜその大切な人毛を除去したがるのか。やはり見た目の問題からであろうと私は考える。可憐な服で着飾っても、そこから毛むくじゃらな腕が見えたら100年の恋も一瞬で覚めてしまいそうだ。一昔前の人であれば、毛深い人は心も暖かいものだ。と言ってくれそうなものだが、現代では毛は私達女性の敵なのかもしれない。