固定残業代制の導入企業にホワイトは存在しない?

みなし残業制度とも呼ばれる「固定残業代制」
事前に固定残業時間とみなし残業代を取り決めて残業時間によらず残業代を支給する制度。

最近、この固定残業代制を導入する企業はブラック企業しかない!との口コミが増えています。
実際、ハローワークに寄せられた苦情を見ても賃金(みなし残業)に関する内容が多くを占めています。

しかし、結論をいうと固定残業代制を導入する企業がすべてブラックではありません。
なぜなら、本来の運用は労使双方にメリットのある制度だからです。

労働者のメリットは一律で残業代が支給される点。
固定残業時間が例えば30時間/月だとすると、残業時間によらずみなし残業代が支給されます。
そして、固定残業時間を超える分の残業代は時間外労働として割増賃金が支給されます。
なので、仕事を早く終わらせれば終わらせるほど労働生産性は高まります。

企業側のメリットは、これら労働者の生産性向上によって利益体質が強化されます。

ですので、労使双方にメリットがあるのが固定残業代制。
適切に運用されれば、メリットを享受できます。

しかし、割増賃金分を支給しないブラック企業が多く散見されます。
さらに、固定残業時間分しっかり働かせようと強制する制度を理解していない管理職も多くいるようです。

その結果、「固定残業代制はブラック企業ばかり!」なるようです。

まずは、制度の理解と適切に運用されているか確認しましょう。
面接時にも固定残業代制を導入する企業であれば「固定残業時間とみなし残業代はいくらですか?」と質問すれば問題ありません。

大抵のホワイト企業はすぐに答えられます。
しかし、ブラック企業で運用を理解していない人事であればすぐには答えられません。

より詳しい情報については以下の参考記事をご覧ください。

参考:固定残業代制の導入企業はホワイト?ブラック?【違法性と見極め方も解説】