休日は平日の疲れを取るべく寝て終わる?それ、不健康だと知ってますか?

・平日は連日残業続きで十分な睡眠時間が取れていない
・休日は疲れ切っていつも寝て終わってしまう・・・

そんな休日は寝て終わる社会人も少なくありません。
でも、休日の寝だめは心身への影響を避けられない原因をはらみます。

まず、休日に長時間寝ても疲れは取れません。
もっとも良質な睡眠がとれる方法は「ソーシャル・ジェットラグ」を意識すること。

つまり、睡眠の「リズム」を意識するということです。
寝て起きる時間は一定で、夜更かしや寝だめをしない。

より良い睡眠を追求した時、量や質だけでは十分ではないということです。

そして、睡眠時間が長くても短くてもリスクは高まります。
最もベストなのは7時間前後の睡眠時間を毎日確保すること。

睡眠習慣を意識して、改善するだけで心身への影響や負担は軽減されます。

参考:【休日は寝て終わるだけのあなたに】寝だめより生活の質を改善する方法12選