あの世から電話があった話

冬山に登った時地面から小さな三角がぽつんと出ていた。
なんだろうこれ何て言いながら通り過ぎた後になって埋もれたテントだということがわかった。
田舎で人が死んでいたそうだ。
ただし、DMM MARKETING WEBCAMPの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、 よくある話だけど俺の祖父の体験。
何だってこんな時に限ってよおじは病院のベッドの上でギブスと包帯で痛々しく包まれた脚に怒鳴った仕事中に足を僕とやり一ヶ月は立てないと言う。
叔父は来週に控えた大設訓練13に参加できなくなったことで我々弟家族に八つ当たりをする。
法事はある登山グループに所属していて半年後には k2挑戦にも誘われているほどの山好きである。
その海外遠征の訓練として冬の大雪山系に籠ることができなくなった。
あーあいつら今頃楽しく準備してるんだろうなぁそれから一週間後の深夜5時が病院から奇妙な電話をしてきた。
あの世誰か死んだのか叔父が何を言ってるのかわからないがとりあえず誰も死んでいないと言い電話を切った。